北潟の森と北潟湖の自然を守り残すプロジェクト活動

あわらの自然を愛する会とは

ふるさとあわらの自然再発見作品募集事業平成23年〜30年)、波松海岸の海浜性植物図鑑の発行。平成25年3日)10周年記念誌令和元年10月)(自然と共に生きる)「自然図鑑」発行。
平成25年、平成27年に福井県知事賞受賞、平成27年に全国森林レクリエーション協会奨励賞受賞、令和元年福井県環境ふくい推進協議会会長賞受賞

あわら市の波松から北潟湖を拠点に、地元のこども達と一緒に、波松海岸の民有林や北潟国有林があり、多くの希少「海浜性植物」「湿地植物」の植生の調査と保護を進めるプロジェクトです。

こども園、小中学校児童生徒、一般県市民を対象に具体的には「自然観察会」「自然体験会」等の活動を実施しています。

「自然観察会」
令和元年6月にあわら市内の小学校の児童が参加して、赤尾湿地で自然観察会が開催されました。

「自然体験会」
令和元年2月に北潟小学校の児童が参加して、北潟国有林で自然体験会が開催されました。(マツの下枝刈り)

「自然の中のチャレンジスクール」
令和元年8月に県内の小中学校の児童、生徒が参加し、自然観察会とカブトムシ等の飼育方法にチャレンジしました。


北潟の森は自然がそろった貴重な環境ゾーン


福井県最北部にあり石川県加賀市と県境を接する位置にある「北潟の森」は、全国にもまれにみる、里山(国有林)と湖(北潟湖)海(日本海)の自然ゾーンが揃った自然豊かな環境があります。春夏秋冬を問わず、山野草の花や木々の緑が楽しめます。野鳥観察や自然観察会、松の枝きり等の環境体験会開催。1400年前に開削されたという伝承されている古街道である「浜街道」の歴史の道の散策もお勧めで森林浴を楽しみ癒す。汽水湖である北潟湖の一部(湿地)には豊富な湿生植物が茂り観察もできます。高台からは四季折々に姿を変える霊峰白山の眺望も楽しめます。

最新情報 ブログ更新情報

会員の長沢澄雄氏より『富津令和の池』の投稿をいただきました。ご一読ください。

また、浅野晴也さんより桜の見所情報をいただきました。併せてご覧ください。

 こちらへどうぞ